TOP > 禁煙治療薬は通販でお得に購入

禁煙治療薬は通販を利用する事でお得に購入する事ができます。使用する事でニコチン切れの症状が出にくくなり禁煙に繋がります。

通販で買える禁煙治療薬

一人だけでは難しい禁煙を成功しやすい状態へ導いてくれる薬である禁煙治療薬。
これからの日本はどんどん喫煙者には厳しくなっていくことが予想されるため、禁煙を前向きに考えている人も増えてきていると思います。
世の中には様々な禁煙グッズがありますが、そのほとんどはちゃんと効果があるのかわからないものばかりですよね。
効果があるかわからない禁煙グッズを使うよりも、禁煙治療薬を使って禁煙の成功率を上げ、禁煙をより効果的なものにしていきませんか?

チャンピックス

チャンピックスの効果

一口に禁煙治療薬といっても様々なものがありますが、その中の一つがチャンピックスです。
チャンピックスは禁煙をする人のために作られた治療薬で、2008年の4月から禁煙治療のための内服薬として使えるようになりました。
人の脳にはニコチン受容体という受容体があり、タバコに含まれているニコチンがこの受容体と結合することによって快感を生じさせる脳内物質であるドーパミンを大量に放出するようになります。
これがタバコの依存症に繋がっているのですが、チャンピックスはニコチン受容体に結合することで、ニコチンが結合した場合よりも少量のドーパミンを放出させてニコチン切れの症状を軽くさせます。
また、ニコチンが受容体に結合するのを阻害する効果も含まれているため、禁煙中にタバコを吸ってしまっても美味しいと感じにくくさせ、禁煙をサポートしてくれます。
二つの効果で禁煙を成功しやすくしてくれるのが、チャンピックスという禁煙治療薬なのです。

チャンピックスの使い方

禁煙というといきなりタバコを断つというイメージがあるかもしれませんが、チャンピックスを使えばそんな無理をする必要はなく、飲み始めの1週間は喫煙しながらチャンピックスを飲むことになります。
禁煙開始予定日の1周間前からチャンピックスを服用しはじめ、初日から3日目の場合は0.5mgを1日1回、朝の食後に服用し、4日目から7日目には0.5mgを1日2回、朝と夕食後に服用します。
チャンピックスを服用しはじめて8日目から禁煙を開始し、自然とタバコを吸わなくなった場合は8日目を待たずに禁煙に入り、1mgを1日2回、朝と夕食後に服用するのを12週間続けましょう。
途中で禁煙できたと感じるかもしれませんが、だからといって途中で服用をやめたりしないようにしましょう。
このように、チャンピックスは比較的簡単に使うことができる禁煙治療薬になっています。

チャンピックスの副作用

禁煙を考えている人たちにとって、とても頼りになるチャンピックスですが、もちろん医薬品なので副作用もあります。
チャンピックスは禁煙を開始した際の精神的作用として悪夢や眠気といった症状が副作用として現れる可能性がある他、吐き気や鼓腸、便秘などの胃腸症状も副作用として報告されています。
頭痛も10人に1人くらいの割合で報告されていますが、これらの症状はいずれも軽いものが多く、重症化することはあまりありません。
ですが、重い副作用が全くないわけではなく、ごくまれにですが重い皮膚障害や粘膜障害、血管浮腫、意識障害といった症状が出る可能性もあります。
チャンピックスを服用して禁煙をする際には、これらの症状が副作用として出る可能性があることを忘れないようにしましょう。

使用上の注意点

副作用の他、チャンピックスは使うときに注意しなくてはならない点もあります。
チャンピックスには有効成分としてバレニクリンという成分が含まれていますが、過去にこの成分を含んだ薬を飲んで、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがある人はチャンピックスを使うときに専門の医師に相談しましょう。
また、精神疾患がある人や腎臓に病気がある人、妊娠中や授乳中の人、未成年者などの人たちや、他に服用中の薬がある人もチャンピックスの使用には注意が必要です。
チャンピックスはニコチンを含んだ禁煙治療薬が併用禁忌薬となっているので、ニコチンを含んでいる他の禁煙治療薬との併用は避けるようにしましょう。
この他にも、チャンピックスを服用したあとに自動車の運転など危険を伴う機械の操作は禁止されているといった注意点もあるので、しっかり覚えておきましょう。

ブプロンSR

ブプロンSRの効果

禁煙治療薬で最も人気なのはチャンピックスですが、他にもブプロンSRという薬も注目を集めています。
ブプロンSRはチャンピックスと同じようにニコチンを含まない禁煙治療薬で、ブプロピオンという成分が有効成分として配合されています。
もともとはうつ病を治療するためのノルアドレナリン・ドーパミン再取り込み阻害薬として開発されたのですが、ニコチン拮抗作用があることが認められ、禁煙治療薬として認可されたという背景があります。
ブプロンSRは服用することでニコチンの代用としてドーパミンが分泌されるという作用があり、脳のニコチン不足によるイライラや集中力の低下を抑制してくれるという効果を発揮してくれます。
副作用もほとんどなく、安心して使うことができるので、禁煙を考えている人は一度試してみてはいかがでしょうか。

ブプロンSRの使い方

チャンピックスと同じように、ブプロンSRも使い方はとても簡単になっています。
そのため、はじめて禁煙治療薬を使うという人でも、比較的安心して使えるというのがブプロンSRの魅力です。
1日目から3日目は朝に1日1錠を服用し、4日目からは朝と夜の2回、1錠ずつ服用するというのがブプロンSRの使い方になります。
飲む間隔は8時間以上空ける必要があるので、これからブプロンSRを使ってみようかなと考えている人はしっかりと覚えておくことをオススメします。
また、ブプロンSRの服用期間は7週間から最大で12週間、つまり最大で3ヶ月ほどになります。
ブプロンSRなどの禁煙治療薬は途中で勝手に服用をやめたりせず、しっかり服用することが大切になってくるので、飲み忘れなどがないように注意しながら服用を続けていきましょう。

ブプロンSRの副作用

副作用の心配が少ないという魅力があるブプロンSRですが、副作用が全くないわけではありません。
あくまでも少ないというだけなので、ブプロンSRを服用した際に何らかの症状が副作用として現れる可能性は十分にあります。
ブプロンSRの副作用として報告されている症状は、口の中の乾きや睡眠困難、頭痛、吐き気といった症状になります。
また、じんましんやアレルギー反応、胃腸症状といった症状が現れる場合もあり、重篤な副作用としては多形性紅斑などがあります。
重篤な副作用が起きる可能性は低いですが、こういった副作用もあることをしっかり覚えておきましょう。もし、ブプロンSRを服用してから何らかの体調の異変を感じた場合は速やかに病院へ行き、専門の医師に相談しましょう。

使用上の注意点

禁煙治療薬の一つであるブプロンSRは、チャンピックスと同じように、禁煙開始による精神的な副作用が現れる可能性があります。また、過食症、拒食症の人はブプロンSRを服用することができないので、注意が必要です。

この他にもブプロンSRを服用するときの注意点は存在しており、ウェルバトリン錠剤やウェルバトリンSRといった医薬品を服用している場合は、ブプロンSRを服用する前に一度かかりつけの医師に相談することをオススメします。
チャンピックスの場合、禁煙中にタバコを吸ってしまっても満足感を感じさせにくくするだけでしたが、ブプロンSRの場合、服用中に喫煙すると重篤な副作用が出てしまう可能性があります。
ブプロンSRを服用している間は、喫煙をしないように十分に気をつけましょう。

ニコレットガム

ニコレットガムの効果

内服薬タイプの禁煙治療薬だとチャンピックスやブプロンSRがオススメですが、禁煙を考えている人の中には錠剤などの内服薬が苦手な人もいると思います。
そういった人たちからすると、内服薬タイプの禁煙治療薬を使い続けるのはちょっと負担になってしまいますよね。内服薬が苦手な人は、噛んで使うニコレットガムがオススメです。

日本でも多くの人が聞いたことがあるだろうニコレットガムは、とても簡単に言ってしまうと、噛むことでニコチンを摂取できる、微量のニコチンを含んだ禁煙治療薬のことです。
ニコレットガムは噛むことによって口腔内の粘膜からニコチンが吸収され、脳にあるニコチン受容体と結合してドーパミンを放出させることにより、禁煙中のイライラや集中力低下といった症状を軽減してくれます。
今までのタバコを吸うという習慣を、ニコレットガムを噛むという習慣に置き換えることで、禁煙を成功させやすくしてくれるのがニコレットガムなのです。

ニコレットガムの使い方

タバコを吸いたい衝動に駆られたときに噛むことによって、禁煙をサポートしてくれるニコレットガムは、禁煙治療薬の中でもかなり簡単に使うことができるものになっています。ですが、ニコレットガムの噛み方は通常のガムを噛むときとは異なっているため、効果的な禁煙をするためにはニコレットガムの噛み方、つまり使い方を知っておく必要があります。
ニコレットガムは口に入れてから、まずはゆっくり15回程度噛み、ぴりっとした味がしたら歯茎と頬の間に挟んで1分以上放置します。そして、口の中の味がなくなったらまたゆっくりと噛みはじめるのが正しい使い方になります。 この手順を30分から60分ほど繰り返したら、ニコレットガムの効果がなくなるため、あとは通常のガムを捨てるときと同じように紙に包んで捨てましょう。

ニコレットガムの副作用

ニコレットガムを使って禁煙をする場合、最初はニコレットガムを噛む量を多めにして、だんだん数を減らしていき、最終的にニコレットガムを噛まないようにすることで禁煙を成功しやすい状態にしてくれます。

ガムタイプの禁煙治療薬なら副作用の心配がないのでは?と考えている人もいるかもしれませんが、たとえガムタイプであっても副作用が出る可能性はあります。
ニコレットガムの場合、含まれているニコチンという物質自体が刺激物のため、口の中の荒れが副作用として現れる可能性があります。
具体的には、口内炎や咽頭痛、味覚の異常といった症状が現れる可能性があり、その他の副作用だと頭痛や目眩、吐き気、便秘などの症状があります。
ニコレットガムにはこういった副作用があるので、忘れないようにしっかり覚えておきましょう。

使用上の注意点

他の禁煙治療薬に、使用するときの注意点が存在していたように、ニコレットガムにも使用するときの注意点があります。
ニコレットガムは妊婦の人や狭心症、不整脈などの症状がある人、数ヶ月以内に心筋梗塞を発症した人や、うつ病、顎関節症の人は使用することができないという注意点が存在しています。また、禁煙に成功してもニコレットガムの使用をやめられなくなってしまい、ニコレットガムの中毒になってしまうというケースもあります。

ニコレットガムの使用期間は最大でも6ヶ月間となっているので、6ヶ月を超えて使用するとニコレットガムの中毒になってしまい、健康被害を招いてしまう可能性もあるので注意しましょう。
ニコレットガムの力を借りて禁煙をする場合、こういった点に気をつけながらニコレットガムを使いましょう。

禁煙治療薬の購入方法

病院での処方

一人だけでは難しい禁煙をサポートし、効果的なものへ導いてくれる禁煙治療薬。
禁煙治療薬はどれも簡単に使えるようになっていますが、その多くが立派な医薬品の一つなので、購入しようと思った場合、病院で処方してもらうのが一般的な方法になります。

禁煙で病院に行く場合、禁煙外来や禁煙治療専門のクリニックに行く必要があり、これらの病院や専門のクリニックは数が増えてきています。
禁煙外来を利用する場合、健康保険を使うこともできますが、大体1万3000円から2万円ほどの金額になることが多いようです。やはり他の医薬品の場合でもそうであるように、禁煙外来や禁煙治療のクリニックといった医療機関を利用した場合、価格が高めになってしまうのです。

普段のタバコ代よりも費用が安くなるという声もありますが、治療という面から見ると、結構な出費になってしまいますよね。
また、禁煙外来や禁煙治療専門のクリニックは数が増えてきているとはいえ、住んでいるエリアによっては数が少ないことも十分考えられます。移動の時間や高額な治療費などをかけることなく、禁煙治療薬の代金だけを支払って禁煙をしたいと考えている人は、通販を利用して禁煙治療薬を購入するのをオススメします。

通販で購入

様々な医薬品が取り扱われている個人輸入代行の通販では、ED治療薬やAGA治療薬のほうが多いというイメージがあるかもしれません。
実際にそういった薬の購入を目的として利用する人も多いですが、実は通販では禁煙治療薬も様々な種類が取り扱われており、禁煙を考えている人たちにとっても優しいサイトになっています。

通販を利用して禁煙治療薬を購入すれば、通える範囲に禁煙外来や禁煙治療のクリニックがない人でも安心して禁煙治療薬を手に入れることができますし、無理のない禁煙を行うことができます。また、他の医薬品を購入する場合と同じように、通販なら禁煙治療薬を購入する分だけの費用で済むので、治療費に結構な金額を支払ったりする必要もありません。そして何より、禁煙治療薬の価格も病院で処方してもらうときよりもはるかに安くなるので、金銭的な面から見ても無理のない禁煙をすることができるのです。

禁煙をしようと思っても、様々な面で無理があるのでは長続きせず、禁煙に失敗してしまいますよね。
禁煙の成功率をあげたいのなら、禁煙治療薬を使うだけでなく、治療薬をできるだけ安く購入できる方法を選択し、様々な面から見て禁煙を続けやすくすることをオススメします。
禁煙治療薬は個人輸入代行の通販を利用し、手軽に購入しましょう!