TOP > ED治療薬は通販でお得に購入

ED治療薬は通販を利用する事で安値で購入する事ができます。ED治療薬には男性器の勃起を促進させる効果があります。

通販で買えるED治療薬

EDに悩む男性たちの心の支えになり、効果的にEDを改善してくれる効果があるED治療薬。
日本でEDに悩んでいる男性の多くは専門のクリニックや、病院に行ってED治療薬を処方してもらっていると思いますが、実はED治療薬は通販で簡単に購入することもできます。

通販を利用してED治療薬を購入すれば、周囲の人に病院やクリニックに出入りしている姿を見られてしまう可能性を一気に低くすることができますよね。
通販を利用してED治療薬を購入し、こっそりEDを治療していきませんか?

バイアグラ

バイアグラの特徴

ED治療薬の中でも最も有名で、EDに悩む多くの男性が服用している治療薬といえば、やはりバイアグラではないでしょうか。
もともとは狭心症の治療薬として開発が進められ、臨床試験の過程で勃起を促進させる効果があることが明らかになったことでED治療薬として登場することになったという歴史を持っている医薬品で、アメリカのファイザー社という製薬会社で開発、販売されました。

1998年にはじめて登場した、世界初のED治療薬という一面も持っており、現在も様々な国でEDに悩む男性のために処方されています。

バイアグラは有効成分としてシルデナフィルという成分が含まれています。
男性が勃起をするには勃起を起こす働きをする酵素が必要なのですが、男性の身体の中には勃起を阻害する働きをする酵素も存在しています。

勃起を阻害する働きをする酵素はホスホジエステラーゼ5という酵素で、シルデナフィルはそのホスホジエステラーゼ5の働きを阻害する効果が含まれています。 また、同時に血管を拡張して勃起をするのに十分な量の血液が流れる状態に導き、EDを解消します。

このような効果で、バイアグラはEDを改善してくれるのです。

バイアグラの副作用

バイアグラはとても効果が高いED治療薬の一つですが、副作用の多いED治療薬としても知られています。

最も多く報告されている副作用が、目眩や顔の火照り、頭痛といった症状で、これらの症状はバイアグラの副作用の中でも代表的なものであるといえます。

鼻粘膜の充血によって鼻づまりや鼻血、消化管の充血による消化不良や胃痛といった症状が出る可能性もあるので、注意が必要です。これらの症状はどれも一時的なものですが、そのときの健康状態によっては深刻な事態を引き起こしてしまう可能性もあるため、バイアグラを服用するときは気をつけなくてはなりません。

また、バイアグラは副作用だけでなく、食事の影響を受けやすいという注意点もあります。
食事をしたあとにバイアグラを服用すると、バイアグラの成分が吸収されにくくなり、バイアグラの効果が弱まってしまいます。十分な効果を引き出すためにも、バイアグラはできるだけ空腹時に服用し、もし食事をとらなければならない場合は先にバイアグラを飲んでから30分ほど時間をあけ、食事をとるようにしましょう。

バイアグラのジェネリック

世界的に有名な医薬品であるバイアグラには、ジェネリック医薬品も多数作られています。
バイアグラを服用してEDを治療したいけれど、ちょっと価格が気になってしまうというときは、バイアグラのジェネリック医薬品を選んでEDを治療することもできるのです。

バイアグラのジェネリック医薬品には様々な種類がありますが、有名なものとしてカマグラという薬があります。これはインドにあるアジャンタファーマ社という製薬会社で作られているバイアグラのジェネリック薬で、青色でひし形をした錠剤タイプの薬です。また、カマグラは様々なタイプのものが作られているという特徴もあり、ゼリータイプやチュアブルタイプのものも作られています。

男性の中には錠剤タイプの薬は少し苦手で飲みにくいと感じる人もいると思いますが、ゼリータイプやチュアブルタイプのカマグラなら、そういった人たちでもED治療薬を楽に服用することができますよね。

この他にも、バイアグラのジェネリック薬の中にはEDと同時に早漏を改善できるように改良したものも登場しています。
スーパーカマグラやスーパーフィルデナが該当し、EDと同じくらい多くの男性が悩む早漏も効果的に改善できるようになっています。
これら以外にもピーフォースフォートというバイアグラジェネリックや、バイアグラをフィルムタイプにしたものもジェネリック医薬品として作られているので、自分の身体に合ったジェネリック薬を選んで服用しましょう。

レビトラ

レビトラの特徴

バイアグラに負けないくらいの人気と知名度を持つバイアグラジェネリックといえば、レビトラを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。
レビトラはバイアグラに続いて発売されたED治療薬で、最も早く効果が現れるといわれています。
アスピリンの開発で有名になったドイツの製薬会社であるバイエル薬品から製造、販売されており、有効成分としてバルデナフィルという成分が含まれています。

このバルデナフィルには水に溶けやすいという特徴があり、最高血中濃度に達する時間が早く、0.7時間から0.9時間、つまり42分から54分ほどの時間で最高血中濃度に達します。
こういった特徴があることから、レビトラは即効性があるED治療薬になっているのです。

レビトラに含まれているバルデナフィルは、シルデナフィルと同じように勃起を阻害する酵素であるホスホジエステラーゼ5の働きを阻害して、勃起を持続させるのに必要な酵素の働きが阻害されないようにすることで勃起をサポートしてくれる効果があります。
バイアグラに比べると食事の影響も受けにくくなっているので、できるだけ素早く効果が現れてほしいと考えている人にはレビトラがオススメです。

レビトラの副作用

即効性があるという、とても頼りになる一面があるレビトラですが、医薬品の一種なので副作用ももちろん存在しています。レビトラを服用した際に感じる可能性がある副作用の中で、代表的なものは顔のほてりや目の充血、頭痛や動悸なります。また、鼻づまりが引き起こされる場合もあり、多くの副作用はバイアグラを服用した際に感じる可能性がある症状と共通しています。

ですが、これらの副作用はレビトラを服用した多くの人が感じる軽度な症状で、消化不良や光に対する過敏症、下痢や背部痛といった症状が現れる可能性もあります。
こういった副作用は大体4時間から6時間程度で治まることが多いのですが、場合によってはそれ以上の時間、副作用が続く場合もあるので注意が必要です。

もし、レビトラを服用してから副作用らしき症状が長く続いていると感じる場合は、レビトラが身体に合っていない可能性もあるので、病院に行って診察を受けましょう。
また、レビトラには併用禁忌薬があるという注意点もあるので、既に何らかの薬を飲んでいる人はレビトラと併用しても大丈夫か事前に確かめておきましょう。

レビトラのジェネリック

即効性があるという魅力から、素早くEDを改善したいと考えている人たちに選ばれ続けているレビトラ。
3大ED治療薬の一つとして数えられるほどに有名な治療薬であるレビトラも、バイアグラと同じようにジェネリック医薬品が多く作られています。
レビトラのジェネリック医薬品の多くは個人輸入や通販サイトを利用して手に入れる必要があるという特徴があり、その種類も非常に豊富です。

レビトラを服用してみたいけど、病院やクリニックで手に入れるのは価格が高くなりそうだし……と悩んでいる人は、まずはレビトラのジェネリック薬から試してみるのはいかがでしょうか。

レビトラのジェネリック薬は様々なものがありますが、バイアグラジェネリックのようにEDと早漏と同時に改善してくれるように作られたものもあります。
こういった効果があるのはスーパージェビトラやサビトラマックスといったレビトラジェネリックで、EDも早漏もできるだけ素早く改善したいと考えている人に特にオススメです。

レビトラジェネリックの中には、バリフのように錠剤タイプ以外にもゼリータイプのものもあるため、より飲みやすいと感じるタイプを選択して服用することもできます。
ですが、レビトラジェネリックの中には既に製造中止になってしまっているものもあり、今後入手が困難になる薬もあるので気をつけなくてはなりません。 例としてあげたバリフやゼリータイプであるバリフゼリー、ジェビトラやスーパージェビトラ、ジェビトラゼリーは既に製造中止になってしまっているので注意しましょう。

シアリス

シアリスの特徴

3大ED治療薬として数えられている薬は、バイアグラとレビトラの他に、シアリスという薬もありますよね。
シアリスも非常に有名なED治療薬として数えられており、2002年11月に承認されてから、翌年2月から様々な国で販売されるようになったED治療薬です。

シアリスの特徴はなんといってもその持続性で、体内で分解されにくいという特徴を持つタダラフィルという成分が有効成分になっており、ED治療薬の中でもかなり高い持続性を持ちます。
最大で36時間という脅威の持続性を持ち、吸収されてから血液中の濃度が半分になるまでの時間も約14時間から15時間と、かなり長めになっています。金曜日の夜に服用すれば、日曜日まで効果が続くことから、海外ではウィークエンドピルと呼ばれ、多くの男性の間で親しまれています。

いわゆる遅効性の薬になり、服用してから大体1時間後に効果が現れ始め、バイアグラやレビトラよりも緩やかに効果が発揮されるので副作用の心配も少ないというメリットがあります。
できるだけ長い時間効果が続いて欲しいと考えている人には、シアリスはぴったりのED治療薬です。

シアリスの副作用

ゆっくりと効果が現れてくるという特徴があるため、副作用の心配が少ないというのがシアリスの魅力ですが、副作用の心配が少ないというだけで、副作用が全くないわけではありません。
シアリスを服用した際に現れる可能性がある副作用の中でも、比較的出やすいものは頭痛や火照り、量化不良、背痛や筋肉痛などがあります。また、バイアグラやレビトラと同じように、目眩や鼻づまり、下痢などが起きる可能性もあるので、これからシアリスを飲んでみようかなと考えている人はしっかり覚えておきましょう。

また、シアリスは、まれに眼痛や結膜炎といった目そのものに出る症状や、物が青く見えたりする色覚異常といった、目に関する症状が出る可能性もあります。
視覚に影響が出るケースはまれですが、可能性はゼロではないので頭に入れておくことをオススメします。
健康状態によっては重篤な副作用を引き起こしてしまう可能性もあるため、場合によっては服用を禁止されることもあるので、注意しましょう。

シアリスのジェネリック

できるだけ副作用の心配をせずにEDを改善したいと考えている人にとって、シアリスは非常に魅力的なED治療薬になると思います。ですが、日本ではシアリスを処方してもらおうと思うと、バイアグラやレビトラと同じように価格が高めになってしまうので、ジェネリック医薬品があるかどうかも知っておきたいところですよね。

他のED治療薬と同じように、シアリスでも様々なジェネリック医薬品が作られており、薬のタイプも様々になります。代表的なシアリスジェネリックは、メガリスやタダシップ、タダリスSX、タダポックスなどになります。ゼリータイプのものであればアプカリスSXオーラルゼリーや、タドラなどがこれにあたるため、できるだけ早くシアリスの効果を実感したい人はこういったゼリータイプのシアリスジェネリックを選びましょう。

また、他のED治療薬のジェネリック薬でもそうであるように、シアリスジェネリックの中にもED改善効果と早漏改善効果を合わせたものがあり、タダポックスやスーパータダライズがこれに該当します。中にはシアリスとバイアグラのいいとこ取りをしたシルダリストというシアリスジェネリックもあるので、より高い効果を実感した場合はこういったシアリスジェネリックを選ぶこともできます。

これらのジェネリック薬は通販を利用して簡単に購入することができるので、シアリスジェネリックを手に取ってみたいと考えている人は個人輸入代行の通販を利用しましょう。

ステンドラ

ステンドラの特徴

様々なED治療薬の中でも、比較的新しい部類になるのがステンドラというED治療薬です。
アメリカにあるヴィヴス社という製薬会社から製造、販売されており、次世代のED治療薬と呼ばれています。

ステンドラは3大ED治療薬として有名なバイアグラ、レビトラ、シアリスのいいとこ取りをしたようなED治療薬といわれており、有効成分にはアバナフィルという成分が使われています。この成分は吸収率が高く、服用してから約30分、早い人では約15分で効果が現れ始めるという魅力があります。また、持続時間は最大で大体6時間ほどとなっており、バイアグラと同じくらいの持続性を持っています。

ED治療薬の最大のネックである空腹時服用という面でも、ステンドラは優秀で、シアリスがもつ約800kcalまでの食事制限を超えても効果面に影響が出ないといわれています。

このように、ステンドラはレビトラの即効性、バイアグラの持続性、シアリスの食事への影響の少なさという3つの特徴が一つになったED治療薬になっているのです。ステンドラの効果は今までのED治療薬と同じように、ホスホジエステラーゼ5の働きを阻害して、勃起を促進するというものなので、今まで違うED治療薬を服用していた人でも安心して服用できますね。

ステンドラの副作用

3大ED治療薬が持つ、長所を集めて形にしたような治療薬であるステンドラ。 ステンドラは他のED治療薬を同じような効果でEDを改善してくれますが、それはつまり、同じように血管を拡張させる効果が含まれているということでもありますよね。そのため、ステンドラを服用した際に感じる可能性がある副作用も、ある程度共通しています。

ステンドラの副作用には、紅潮や目の充血、火照りや頭痛といった症状が現れる可能性があります。
これらの症状は、ステンドラの効果によって血管が拡張され、流れる血液の量が増加したというサインでもあります。副作用があると聞くと、どうしても不安になってしまう人もいるかもしれませんが、ステンドラは副作用が現れる確率は約10%ともいわれています。

副作用の心配が少ないシアリスの場合、服用した人の30%まで副作用の発現を抑えることができたというデータがあるので、ステンドラはそれよりも副作用が出る心配が少なくなっているといえるのです。

ステンドラのジェネリック

シアリスよりも副作用が現れる可能性が低く、高い効果を持つステンドラは、ED治療薬の中でもかなり頼りになるといえる医薬品ですよね。
3大ED治療薬では様々なジェネリック医薬品が作られていますが、ステンドラでも同じようにジェネリック医薬品が作られています。

ちょっとステンドラを試してみたいけど、いきなりステンドラを購入するのは高くなってしまいそうだし……と不安を抱えている人は、まずはステンドラのジェネリック医薬品から試してみることをオススメします。

ステンドラのジェネリック医薬品として登場しているものは、アバナやスーパーアバナがあります。
アバナはサンライズレメディーズ社という海外の製薬会社が製造、販売しているステンドラのジェネリック医薬品で、安価な価格でステンドラと同じ効果を実感することができます。また、ステンドラのジェネリック医薬品でも、早漏改善効果も含んでいるものが作られており、スーパーアバナがこれにあたります。

比較的新しいED治療薬ときくと、たとえジェネリックの場合であっても不安に感じてしまう人もいるかもしれませんが、ステンドラやステンドラのジェネリックには先に発売されているED治療薬と共通している面も複数持っています。
今までED治療薬を服用していたけれど、ステンドラに切り替えようかな……と考えている人でも、比較的安心して切り替えることができるのが、ステンドラやステンドラジェネリックの魅力です。

ED治療薬の購入方法

病院での処方

効果的にEDを改善してくれる効果があり、しっかり服用することで確実にEDを改善し、克服することができるED治療薬を手に入れるときは、二つの購入方法が存在していますよね。中でも、最も一般的で、多くの男性が実践している方法が、病院や専門のクリニックで処方してもらう方法になります。

病院でED治療薬を処方してもらう場合は泌尿器科に行くことがほとんどで、気になる症状を専門の医師に相談したうえでED治療薬を処方してもらうことができるというメリットがあります。ですが、病院や専門のクリニックで処方してもらう方法は、移動時間が必要になりますし、意外と手間もかかってしまいます。また、価格も高くなってしまうことがほとんどで、病院で処方してもらうと大体50mgのもので1錠1500円から2000円ほどが相場になります。ここに初診料なども加わってきてしまうので、価格面での負担も大きなものになってしまいがちです。

これだけでなく、病院や専門のクリニックで処方してもらうときは必ず医師による診察があるので、どうしても恥ずかしいと感じてしまいますよね。
病院や専門のクリニックでED治療薬を処方してもらうのは安心感がある方法ですが、こういったデメリットもあるので、できるだけ簡単にED治療薬を手に入れたいと考えている人には通販のほうがオススメです。

通販で購入

バイアグラやレビトラ、シアリスやステンドラといったED治療薬を少しでもお得に手に入れたい場合は、個人輸入代行の通販を利用するのがオススメです。
様々な医薬品が取り扱われている個人輸入代行の通販には、必ずといっていいほどの確率でED治療薬も取り扱われており、多くの人たちから人気を集めている商品になっています。

通販ならインターネットにアクセスして利用するので、わざわざ病院や専門のクリニックに行ったりする必要なく、自宅でこっそりとED治療薬を手に入れることができます。いつでも自分の好きなときに希望のED治療薬を購入できるので、仕事が忙しい人でも安心して治療薬を購入して、EDを治療していくことができますよね。

また、まとめ買いをすれば割引や送料無料などのサービスを受けられることも多いので、さらにお得にED治療薬を手に入れることもできます。ED治療をしている人の中で、多くの人が悩まされることになる金銭的な負担を大きく軽減しながら、効果的にEDを治療していけるので、通販を利用してED治療薬を手に入れたほうがお得であるといえます。

通販を利用してED治療薬を購入するのに必要なお金を節約しつつ、効果的にEDを改善し、克服しませんか?